高校入試に向けての指導

LEAFの高校入試に向けてのカリキュラムは、11月の学診終了時から始まりますので、お早目にお検討ください。
なお、個別対応のため、冬期講習までは中3の入塾を受け付けております。

①公立・私立・高専のそれぞれの志望校にしっかり対応!

公立・私立・高専のどこを第1志望にするか、私立は専願か併願か等によって、どのように入試に向けて準備していけばよいのかが変わってきます。LEAFでは、それぞれの状況に合わせた「入試対策スケジュール」を作成・配布し、入試に向けての準備のしかたを具体的に示しています。どのタイミングでどのような練習をすればよいのか、ポイントを押さえて効率よく準備を進めていきましょう。

0244.JPG

②入試に向けて、勉強量を増やすことが大切です。

入試は出題範囲も広く、時間内に解ききるのが難しいボリュームのあるテストとなっています。そのため、しっかりと準備しないと、満足のいく点数を取ることは難しいでしょう。LEAFでは、週6コマの授業と土曜日に対策講座を行い、入試に向けて勉強量を増やします。テストに向けての勉強量は、結果を出すために一番大切なことです。入試に向けて十分な勉強量を確保し、万全の体制で臨みましょう。

pixta_56892262_L.jpg

③入試に向けて、効率よく勉強を進めることが大切です。

入試は範囲が広く、基本から応用問題まで幅広く出題されるので、効率よく勉強をしないと全て中途半端になります。そうならないために、出題傾向を把握し、優先順位をつけて勉強することが大切です。LEAFでは入試の過去問を専任講師が分析し、受験用テキストとの対応表を作成することで、生徒が出題傾向や出題量を把握でき、苦手克服に必要な練習問題が一目でわかるようにしています。入試は難しいテストですが、効率よく対策を行うことで、必ず結果を出すことができます。

IMG_20210519_221116.jpg

④入試で結果を出すには、5科目総合指導が効果的です。

入試に向けて、英語や数学など苦手な科目の勉強ばかりしてしまう生徒がいます。確かに、苦手科目を勉強することは大切ですが、入試は5科目の合計点での勝負になるので、他の科目の勉強をした方が効率よく点数を伸ばせる場合があります。LEAFでは5科目総合指導で授業を行っていきます。5科目すべてサポートすることで、志望校合格を目指せる体制を整えていきます。

pixta_56892074_L.jpg